ストレスで抜け毛

髪の毛は、ストレスに非常に弱いのものですが、その反面再生する能力にも非常にすぐれているという特徴があります。そして、意識して感じるストレスと、潜在意識の下で感じるストレスがあるのです。

ストレスストレスは、大脳皮質前頭前野に影響を及ぼし、高度な精神機能を奪ってしまうことが分かっています。精神の制御装置としての役割を担っていて、状況にそぐわない思考や行動を抑制しています。ストレスがかかると、ノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質が放出され、視床下部から下垂体に指令が届き、副腎がストレスホルモンであるコルチゾールを血液中に放出するのです。これらの症状は脳だけではなく、他の血管にも影響をあたえ血管が委縮してしまいます。血流が悪くなると髪の毛に栄養が送れなくなり髪の毛は痩せ細っていくのです。これが抜け毛の始まりとなります。

ストレスがなくなれば、前頭前野の状態も再生されますが、ストレスが強い場合は、回復能力が失われると同時に血流は益々悪化の一途を辿っていくのです。医学的には、前頭前野でセロトニンが放出されるようになればストレスが解消できるわけですが、中々上手くいかないのが現実だと思います。意識してセロトニンを放出させられない以上、ストレスと感じることを避ける勇気が必要です。

しかし、生活習慣を改善しても、すぐに戻るわけでもありません。また改善されることなく現状の状態の可能性があります。その場合は、医師にもとに行き、相談をすることをお勧めします。ちなみに、抜け毛で発毛治療を行う名古屋中央クリニックでは、HARG療法をとりいれています。HARG療法は医療機関のみで実施可能な再生医療を応用した最先端の毛髪再生治療です。こちらもぜひ参考にしてみてください。